はじめに

とりあえず公開。

リンクはご自由にどうぞ。

新たなデマの拡散元にならないよう注意しているつもりですが、難しいものがあります。5月末から作っているためにそれ以前(特にランキング機能復活から非公開化あたり)の事柄を掴みにくいです。

気がつくことありましたらメールなどでお知らせいただけると助かります。

この手のは、できれば個人でまとめるより、まとめwikiでも作って多数の情報を書き込めるようにした方が、情報の掘り出しや確認もしやすいだろうと思います。

そこでどなたかがまとめサイトを作ろうとした場合は、ここで公開してあるテキストや画像を(使えるならHTMLのソースごと)自由にお使い下さればと思っています。もちろん使わないのも自由です。というかもっとまともな感じに直してほしいのでした。

情報の出所を各自が当たれるよう、出典をできるだけ詳しく書くようにしています。

2012年8月28日追記。

7月2日以降の不具合などのページで、「退会者のアカウントと作品が復活」の件について追記を行ないました。

現時点において「復活」と断定した形でここに書くのは早計に過ぎたと思います。せめて「復活?」と書くべきでした。

初公開の7月17日から8月28日に訂正するまで該当箇所を閲覧して下さった方にお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

とりあえず、情報元のURL等は出来るだけ書くようにしているので、ここの書き込みを盲信するのではなく各自においても確認、判断なさることを強くお勧めいたします。

雑文

2012年11月16日、このページ冒頭からこの位置に移動。

2012年10月18日追記。

10月18日にメールをいただきました。10月始めにあったトラックバックの件ですが、今も送られてきている可能性があるようです。

ログイン後、[自分の作品]→[作品を管理する]で「自分の作品一覧」を出し、作品に付いているコメント数を確認。3つ並ぶうち真ん中の数字です。この数字が、作品に付いているコメントの数よりも多い場合があるとのこと。この差がトラックバックが付いている数のようです。この辺は10月6日に2ちゃんねる模型板でも書き込みがありました。

10月9日と11日にトラックバックの件に関するお知らせがありました。その後18日(もしくは17日)になって、作品ページでのコメント数と「自分の作品一覧」のコメント数との差が増えた方がおられるようです。以前は投稿ページに相手のURLが表示されていたようですが、現在は出ないため、かえって不気味な気もするとのこと。

運営のお知らせではトラックバック機能を禁止とは書かれていません。ヘルプには「トラックバック」という単語もありません。トラックバックの機能自体には運営は触れていないため、今後も実際のコメント数と作品一覧に表示されるコメント数とで差が付く可能性はあるように思います。この辺は自分自身でログインして確認するほかなさそうです。

これによりどのような実害が出るかは判りませんが、確認して気になる方は運営にフォームやメールで問い合わせた方がいいかもしれません。どのような対策がされるかはわかりませんが。

10月19日夜、私が使っているレンタルサーバから【重要】不正アクセスの危険性および対策についてというメールが届きました。

設置してるプログラムが古くて脆弱性を突かれ、不正アクセスされているケースが増加してるとのこと。不正アクセスの事例として以下の5つが挙げられていました。

  • 不正なメールの送信
  • 情報漏洩
  • コンテンツの改ざん
  • 不正ファイルのアップロード
  • 不正にアップロードされたファイルを用いた遠隔操作

不正アクセスの踏み台として増加しているのが WordPress の脆弱性(本体、プラグイン)を突いたものだとか。

新fgの場合、ソースを見ると判りますが WordPress 3.3.1 を使っているようです。

今年の4月20日にはセキュリティアップデートの3.3.2がすでに登場しており、レンタルサーバの中には対応をお願いしているところもありました。

6月には 3.4.2 、9月末には 3.5 ベータ 1 といったバージョンもでているようです。ベータ版はテスト用途だろうと思いますが。

アップデートをしていない理由にはいろいろあると思います。ただ、このまま公開し続けて良い状態ではないと思います。

9月24日頃から起きていた出会い系メッセージは一段落したと思うので、冒頭に書いてたものをこちらに移しておきます。以下がその文章。

9月24日頃、出会い系サイトに誘導するメッセージが一部の会員に送られているようです。

メッセージの内容や誘導先のURLなど詳細は判りませんが、注意が必要です。セキュリティの甘い状態で誘導先のサイトにアクセスした場合、マルウェアを仕込まれるなど何らかの被害が生じる可能性も考えられます。

仮に(あくまでも仮に、ですが)今回の出来事がすべて間違いだった場合でも、今後起きる可能性は考えられるので、注意するに越したことはありません。

9月25日、とあるfg会員のプロフィールにあるURLが、出会い系SNSに行くことを確認しました。

9月26日、該当会員のアカウントが退会処理されたとのこと。プロフィールのページにアクセスするとトップページにリダイレクトされるので、とりあえず退会処理とやらはされたのでしょう。

出会い系SNSに誘導するメッセージの件は本日とりあえず終了したようです。個人的にはなんで昨日のうちに対処できなかったんだろうと思いますが、その辺は違う考えの方もいると思います。

ただ、あと2回お知らせが追加されると、「出会い系サイトへの誘導メッセージにご注意ください(2012年9月26日)」というお知らせはトップページから消えます。運営からのお知らせというページの存在を知らないと、この件について知ることができなくなります。それもちょっと恐いなと思ったりします。

退会者の画像が表示可能な件も明日27日に修正されるとか。旧fg/cgで一部該当の画像が削除されていない不具合とありますが、削除されてた方は本当にいたのか(いたとしてもそちらの方が一部じゃないのか)とか、対応方法の再確認とテストが完了しておりますと書いてるけど、それだと21日に書いてたテスト環境でのテストが完了しておりというのは一体何だったんだろうとか……。

不具合を出す点は酷いと思いますが、一度や二度の失敗程度なら(失敗の度合いにもよりますが)その後の対処がうまければ逆に(全員からは無理でも)信頼を得ることができたはず。そこまではいかなくても同情くらいは得られたかもしれません。公表しないとか、対処したはずがされていないとか、それらが一度や二度どころじゃないとか、そんな事ばかりです。

本日のメンテナンスも終わったようですが、依然として旧fgに投稿した画像は表示されます。

コメント欄に退会者のアバター画像と内容が残ったままになっているのも確認。こういう不具合はメンテナンス対象になっていないのでしょうか。

昨日あった出会い系へのメッセージですが、他にも来ているみたいですね。Twitterの検索で、キーワードにfg メッセージfg 出会いでいろいろ出てきます。クロメアのfgとは無関係のツイートもあるので注意が必要ですが。検索結果は過去一週間分しかでないのかな? Twitterのアカウントを持ってないのでよくわからないのですが、たぶん10月に入るとヒットしなくなると思います。新規にヒットするようならそれこそ問題になります。……今更一つ問題が増えたところで何も変わりゃしないかとも思ったりしますが。

2ちゃんねる模型板のfg関連スレッドに、出会い系メッセージを出したとされるアカウントが書かれていました。21時30分の時点でアクセスできることを確認しています。そのプロフィールに書かれていたURLを試しにaguse.jpにかけたところ……確かに出会い系SNSでした。書かれていたURLにアクセスすると、出会い系SNSのところにリダイレクトするようになってますね。カスペルスキーではマルウェアは検出されず、外部と接続するオブジェクトもなさそう(怪しいスクリプトやiframeはないみたい)ということで、アクセスするだけならとりあえずは問題は無さそうと見ていいかもしれません。回りくどい言い方になってますが、こればっかりは無害と断言できないので。

年表のページに書いておきましたが、出会い系サイトに誘導するメッセージが一部の会員に送られたようです。Twitterでは二人のツイートがありましたが、他にもあるかもしれません。私には来てなかったので詳細はわからないのですが。

よくある迷惑メールのいいかげんな文言とは違い、フィギュアがどうこうと書いているなどfgに最適化した内容のメッセージを送るみたいですね。メッセージを送るには、ある程度の個人情報を登録して会員になり、送信する相手を選ぶ必要があります。それだけに数打ちゃ当たる方式のspamと違い、特定の個人に狙いを付けて誘い込もうとしていると考えられなくもないです。

誘導先のサイトにアクセスしたとたん、脆弱性をついてなんらかのマルウェアを仕込むような細工がしてある可能性もあります。

  • WindowsPCを使っている場合、WindowsUpdateを使ってOSを最新状態にしておく
  • Adobe Flash Player、Adobe Reader、Java(JavaScriptではなくJava実行環境)は特に脆弱性を利用されるため、最新のバージョンにしておく
  • ウェブブラウザも常に最新のバージョンにしておく(IEならWindowsUpdateで最新の状態になるはず)
  • Adobe ReaderなどPDF書類を扱うソフトウェアは、できるだけJavaScriptを無効にしておく

他にもウェブブラウザの設定をいじったり、有用なアドオンを入れて設定したり、セキュリティ関連ソフトを導入して設定実行したり等、被害に遭わないようにするにはやることは多いです。上記の措置を怠っていると、いつの間にやらキーロガーが入っていたなんてことにもなりかねません。

怪しいサイトはaguse.jpにURLを入れて調査するという手段もあります。gredというサイトもあるみたいですね。ちょっと待った! SPAMで届いたURLを aguse Gateway で覗くのは危険だ!という記事にもあるとおり、どんな場合にでも使えるというものではないようですが。

fgのヘルプに書いてあることが正しければ、メッセージは1日に20件まで送信可能。送信者のアカウントが一つか二つ程度ならそうそう広まることはないかもしれませんが、同じような事が今後起きてターゲットにされる可能性が無いとは言えません。

これらの内容はfgのみの事ではなく、他のSNS等でも起こりえる事だと思います。さらには今回のことがすべて間違いだったとしても、可能性があることは変わりません。そのため、過分に恐れる必要はないと思いますが注意するに越したことはありません。

一応事務局にも知らせましたとありますので(クロメアのことかな?)、それなりの措置はすでに執られていると思いますが……。他の会員に注意を促すためにも早いことお知らせで公表したほうがいいのではないかと思いますが、21時の時点では動きはなさそうですね。

本当は運営ブログTwitterでの運営アカウントでも発表すべきものだと思いますが、この二つはもう機能していません。こういう時にこそ有効活用されるサービスのはずなのですが。

退会後も作品が見られる事への対応とやらは、今週中には間に合わず来週火曜実施になったようです。

ということで運営からの返信も本日あるかなと思いましたが、22時30分現在来ていません。

今日は水曜日と言うことで旧fgメンテナンスの日ですが、22時を過ぎても本日のお知らせがありません。メンテナンスは行なわれたんでしょうか? 2ちゃんねる模型板のfgスレには今週の旧fgメンテ明けましたログ速)という書き込みがありますが。

画像削除に関する事を、今月5日にメール、14日にご意見フォームから送信しましたが、未だに運営からは返答がありません。登録しているメールマガジンは来ているので、うちのメール受信関係に不備はないと思います。迷惑メールフォルダに振り分けられた分も、件名と差出人をチェックしてから削除するようにしています。メールサーバの迷惑メール振り分け機能は切ってますし、サーバに残ったままになってないかチェックもしました。以前問い合わせフォームなどに障害が発生したことがありましたが、5日や14日は障害は特になかったみたいです。

旧fgに投稿した私の画像は今のところ閲覧可能(一例)。10日のお知らせには今週末~来週中には(先週の話なので今週中)対応が完了する見通しとありましたが、果たしてどうなるか。

弁護士の無料相談に行き、退会したのに作品画像が削除されていない件について相談しました。

時間はたったの20分。説明を簡単に済ませようとしたものの話がややこしいため、ほとんどの時間がこれまでの経過の説明で終わりました。分裂したけど運営は同じ会社というのが判りにくいみたい。

とりあえず「ヘルプに書いてあるのに削除してないのはおかしい」という事です。その辺は「退会申請フォーム設置と結果」の開示請求の話と弁護士との相談に書いておきました。

最近の弁護士事務所は初回30分は無料というところもあるようですが、インターネット関連で著作権や契約の話になると30分では無理のような気がします。

「参考」のページに一緒に書いてたお知らせ関係の記事が長くなったので、別のページに分離しました。

ついでにこっそり昨日の手抜きを修正。「参考」のページに書いていた2ちゃんねる模型板新スレのタイトルが間違ってました。前スレの部分をコピー&ペーストした後、URLとスレッド開始日時を調べて書き直し、タイトルはスレッド番号のみ書き換えてました。今度のは【旧fg】ではなく【新fg】になってたとは。

あのタイトルは同じパターンが続いてたので、安心して作業の省略化を図れると思ってたのですが。今度から気をつけます。

何のことかわからんという方は判らないままで大丈夫です。気にしないでOKなのです。

「退会フォーム設置と結果」で、URLを控え忘れていた作品ページの画像URLを1作品分のみ追記。Google画像検索でヒットしました。

昨日送ったメールの返答は21時44分の時点で来ていません。

「退会フォーム設置の件」を「退会フォーム設置と結果」に全面改訂。旧fg退会処理の結果を書いています。それまでのページもとりあえず保管しています。

これを書いている22時くらいですとご存じの方も多いと思いますが、退会処理は不完全です。ログインはできなかったものの画像が残っているのを確認できました。

8月22日にできたものは退会フォームじゃなく退会申請フォームにすぎないのかも。退会を受け付けるよじゃなく、退会の意思を受け取ったよというだけだったりして……。

18時頃、運営に返信メールを出しました。画像も消すこと、できないなら理由を公開してくれと書きましたが、とりあえず期待はしてません。22時45分にメールチェックをしましたが今のところspam以外届いていません。

「参考にしたサイト」を「参考になるサイト」に表現変更。「やりとり」を「メールのやりとり」に変更。

最初からごちゃごちゃしてましたが、さらに見にくくなってるように思うので、そろそろ整理した方が良いかもと思ってます。

アカウントが復活していた件について書いているページに追記を行ないました。

関係者が全員否定すればそれ以上どうしようもないのかもしれません。問い合わせフォームから送信した記録は全て運営に残っているのかなあ。送信し、運営側が受信した事を知らせる自動送信機能があればよかったのですが。

退会フォーム設置の公開によりいろいろと更新しました。

経緯のページに書いたものは、ちょっと長いので後ほど別ページにして公開しようかと思ってます。

「ランキングの動向」をようやく公開。もう一つ公開する予定でしたがそちらはもうちょい伸びます。

SVGファイルも公開するので興味ある方は見ると良いかもしれません。Inkscape SVG形式なので、Inkscapeで見るとレイヤー機能などを使うことができます。Illustratorでも読めるみたいですがレイヤー機能はどうなんだろう。

先週末から1ヶ月強のランキングの経緯をまとめてましたが、そのうち公開できそうな感じになってきました。折れ線グラフの画像をいくつか公開することになると思います。

特に新しいことが判るというものではなく、以前から言われていたことを視覚的に表わしただけです。わかりやすいかというとそれもちょっと疑問点が出てきそうな代物になってしまった気がしてます……。

4月以降に退会した人の作品やアカウントが復活していた件は、17日に公開した7月2日以降の不具合などにまとめましたので、こちらに書いていた分は表示しないよう設定しておきました。CSSを切るかソースを見れば読めますが、やたらと長くなるのであまりお勧めはしません。

cg(cg-site.net)はfgより扱いが悪いと下の方で書きましたが、7月14日から16日にかけてfgのランキングが表示されてたのには驚きました。17日昼過ぎに見たところランキングが消えていましたが、この件に関して運営からは今のところ発表がないみたいです。

閲覧に支障が出るといった類いの不具合ではありませんが、cgに投稿している人はどう思ったでしょうか。あきらめてるのか、無視しているのか。

14日から「twitterでつぶやく」機能がつきましたが、cgの作品にもついてます。ただ、リンクを見ると作品名+URL+#fgtweetになるみたいですが。#cgtweetじゃないのでしょうか? URLも www.fg-site.net だし。

新旧fg分裂後に退会した方の作品(旧fgでの公開分)が、新fgでも公開された件について。

退会を表明してた方(5月に退会したみたい)の作品が新fgで公開されていたので、7月9日深夜にメールを送ったと書きましたが、10日に返事を確認しています。fgとは関わりたくないので放置するつもりとのこと。気持ちがよくわかる気がする……。

11日になって再度確認したところ、公開されていた作品ページがなくなっていました。気がついた運営が消したのかとも思いましたが、その方のプロフィールページが残っており、自身で作品を削除し以後は放置すると自己紹介のところに書いていました。

話がややこしくなっているのでまとめてみます。まずは実際に起こったこと。

  1. 今年(2012年)の4月と5月に退会した方がいた。
  2. お二人とも今年の3月以前に公開した作品があったので、旧fgにも作品があった。(以下、お二人共通)
  3. 統合作業があった7月2日の後、どちらもそれまで使っていたアカウントでログインできた。
  4. 作品があるのを確認し削除した。
  5. 以後は放置することにした(アカウントは残ったままにしているみたい)。

これらのことから考えられるのが以下の点です。新旧fg分裂後(今年の4月1日以降)に退会した方の場合です。

  • 7月2日の統合作業でアカウントが復活している可能性がある(実例有り)。
  • 旧fgにある作品が新fgでも公開されている可能性がある(実例有り)。
  • 旧fgに作品が無くても、プロフィールページが新fgに移され公開されている可能性がある(推測)。

気になる方はログインできるかどうか確かめた方が良いかもしれません。御自身の作品のURLを控えている方は、それでアクセスしてみるとか。新fgはログインしてなくても作品ページを見る事ができるので、もしあれば作品ページが出るし、なければトップページに転送されると思います。

以前、運営からの返事ではなお、新サイトを退会された方は、新旧サイトの統合時には、そのアカウントデータは「退会」した状態で統合いたしますので旧サイトでのデータも削除いたします。とありました。これは退会した後旧fgのデータはどうなるのかという質問への回答でしたが、今回の件は逆に作用したことを示しています。

今年の3月以前に退会作業を完了してた方は大丈夫でしょうか。たぶん大丈夫だろうと思いますが、これまでの経緯を見ると何が起きても不思議ではなさそうと言うか。混乱を助長するつもりはないのですが、少し気になるのでした。

復活したのはコメントだけかと思ってたら、退会者の作品やプロフィールページが復活してた模様です。

旧fgに残っているデータを全部もってきたので、新旧二つのfgに分かれた後に退会した方の作品やプロフィールが新fgでも公開されることになったというか。

旧fgのデータは削除できない。そのため現在退会しても旧fgにある作品やプロフィールは残ったままになります。4月1日以降作品を投稿していない方でも、新fgのプロフィールページは削除されたはず。

しかし退会者の残ったデータまで新fgにもってきて公開しているとは思いませんでした。作品だけでなくアカウントまで復活しているようで、驚いてます。

そういうことを書いてた方のブログを本日発見。その後、退会を表明してた方お一人の作品が残っているのを新fgで確認しました。その方にはメールで知らせています。

そういや3月だったか、強制退会させられた方が4月1日の時にアカウントが復活してたとか言う話があったような。あれと同じ事が今回も起きたのかな。

4月1日以降退会した方は確認した方がいいかもしれません。旧fgのデータはどうにもできないようですが、少なくとも新fgのデータは削除(というかとりあえず見えなくなるように)することはできます。気になる方はログインして(たぶんできそう)削除しまくった方がいいかもしれません。放置するという手もありますが。

退会者のデータは避けておくとかできなかったんでしょうか。

7月2日に旧fgのデータが新fgに統合されました。しかしコメントを書いた人の名前や写真メモは移行されませんでしたし、旧fgは今も閲覧可能な状態です。

不具合も多く出ました。特に問題だと思うのは、削除されたはずのコメントが復活していたことでしょうか。私の作品でも新旧fgでコメント数を比べ、3件のコメントが復活していたのを確認しました。うち一つは昨年削除した私自身のコメントでした。ある方への返答だったのですが、その方は退会したらしくコメントが無くなってたため、残った私のコメントも削除したのですが。一応また削除しています。

削除したはずのコメントや名前については7月3日のお知らせで対策が発表されています。

4月以降の様子から見ると、今回は不具合と今後の予定も発表しており、早い対応のように見えます。とはいえ、削除作業を行なったはずのデータが表面化したというのは本当に残念でした。実際にデータを削除するのではなく出てこないような処理をしているだけなら、何があっても出さないでほしいのです。テストとか検証とか確認とか実際にやっているのかと長くなるので以下省略。

6月26日と27日に、新旧fg統合に関する発表がありました。その件についていくつか追記をしています。

新fgの妙な仕様や不具合を全て修正したうえでデータが統合されるのかが気になります。旧fgでの使い勝手を実感できるのも残り一週間もないようです。

退会機能が付くのかも気になります。とりあえず旧fgデータが統合されて削除ができるようになれば一安心できるのですが。

姉妹サイトであるcgは触れません。fgより扱いが悪いように思います。以前の目玉であったポリゴンビューワがなく、普通の画像掲示板みたいな感じです。本来cgと書くところがfgになっているなど(cgの「設定変更」やトップページmeta要素の属性値など)、シャレにならない箇所もあったりします。

7月3日にログインしたところ、こちらも旧cg作品の新cgへの移行が行なわれていました。ただ、新cg作品の閲覧数がなぜか表示されていないのを確認してしまいましたが。

FAQ

このページは何ですか?
立体物SNS「fg」が酷いことになっているので、何があったかを記録しています。
公開したのは6月14日。fg関連2chスレ過去ログリンクの存在を知り、ちょうど私が書いてた情報が役に立ちそうだったので、公開できる状態にしてここに上げた次第です。
リンクについて。
リンクは無断でご自由にどうぞ。
このページの制作意図は?
(5月末の時点で)無かったので作り始めました。4月にユーザースタイルシートを作ったときのスクリーンショットもあるし、なんとかなるかもと思いまして。まとめWiki等は作ったことが無く、私の場合HTML文書を直接作った方が手っ取り早いので、うちのサイトのコンテンツとして作りました。
このページを作ったことでアクセス数の増加は?
このページを公開した6月14日以降、確かに増えています。新しいコンテンツはここくらいなので、増加分はここの閲覧者と考えても良さそうに思います。
2012年9月16日0時頃のアクセスログ出力。検索サイトのロボットが多いです。
アクセス数増加による利益は?
アフィリエイト広告や金銭が絡む契約はしていませんので、一銭も入ってきません。
アクセス数増加によるサイトの宣伝効果を狙っているのか?
考えていません。どちらかというと悪印象を持たれるんじゃないかと思っていますし、いい意味での宣伝に繋がるとは思っていません。また、宣伝にすらなっていないかもしれません。
この手の事はうちのような弱小サイトではなく、もっと有名なところにやってほしかったなと思うこともありますが。
内容の信憑性について。
  • 2ちゃんねるのfg関係スレッドやツイートなどを元に、fgにアクセスして確認しています。中にはどうしても確認できないものもあり、その辺は区別できるように書いているつもりです。
  • 4月~5月の件は、保存したスクリーンショット・HTMLファイル・ScrapBook(ウェブページを保存するFirefoxのアドオン)のデータなどを元に書いています。保存していないものについてははっきり書くことができず、あまり触れていないようなものもあります。特に5月半ばの運営による非公開化のあたり。
  • 記事を書くときはできるだけ客観的でありたいとは思います。
  • しかし制作者(及び制作者に影響を与える他の要素)の意図に偏向されないドキュメンタリーはあり得ません。映画、TV番組、小説でもそうです。私のようなド素人ではなおさらのこと。
  • 私自身、これまでの出来事から運営を信用できないので、その辺りが記事全体に影響を与えている事は否めません。
  • ただ、他の方から干渉を受けたことはありません。fg騒動に関するメールは9月の時点で2回もらっていますが、干渉というものではありませんでした。
  • 7月17日から8月28日に公開した「退会者のアカウントと作品が復活」の件は、早計なところもあり、訂正したという事もありました。
  • できるだけ情報元のURLを書くようにしているので、各自で情報に当たり、考えるようにしていただければと思っています。
  • また、このような事を書くことで「『この記事は信用に値する』と思い込ませようとしている」と解釈することも可能です。その辺の判断は閲覧者にお任せします。