はじめに

ウェブサイト「くーまる工房」は、制作者のミュールが興味を持っている造形物や、その造形物から派生したネタ、オリジナルの宇宙船模型等で構成しています。

閲覧者の興味をひくものがあれば幸いです。

  • IEをお使いの方は、Javascriptを有効にすること&最新版の使用を推奨します。IE6以下は非対応です。
  • 左や上に表示される灰色のナビゲーションバーの使い方は、このサイトについてのページをご覧下さい。

更新

2017年06月01日
日本の衛星打ち上げロケットの打ち上げ実績」を更新。

雑文

2017年05月20日

先週は実家で松の立ち上がった新芽を摘んでいました。「みどり摘み」と言うみたい。

大量に取ったのですが、このまま捨てるのももったいない。何か使えないかと思ってたら「松葉サイダー」というのを思いだし、持ち帰ることにしました。瓶に松葉と砂糖水を入れて日に当てると、松葉についた酵母が砂糖を分解して二酸化炭素を発生させるというものみたい。アルコールもできるのでそのまま放置すると酒になるとか。アルコール度数が1パーセントを超えると酒類の製造免許を持っていない人は酒税法第九章第五十四条あたりが引っかかると思うので注意しましょう。

今回取ってきたのは松葉と言うより若くて短い松葉がついた茎。これだと松脂臭いだけの汁しかできないかなと思いつつも試してみました。

アクアリウム関係で余っている業務スーパーの炭酸水1リットルペットボトルを洗い、そこに水で洗った松の新芽を大量に突っ込みます。そこに砂糖70グラムを溶かしたお湯800ミリリットルを流し込み、蓋をします。日中はベランダに出して夜は部屋にしまい込み。

17日の夕方に作って本日20日の昼過ぎに開けました。18日に仕舞ったときはかなりの気泡がついてたのを確認しましたが、その後は特になく、葉が茶色に変色していたのみ。失敗したかなと思い本日蓋をゆっくり開けると大量の気泡がわき上がってきました。酵母菌、ちゃんと仕事してたみたい。

不織布の袋(出汁を取るやつ)で漉しながら500ミリリットルの容器に移し、残りを飲んでみました。炭酸がほぼ抜けてしまったのか、微炭酸という感じでした。ヤニの香りがかなりしてますが、意外と飲めます。「オーガニック」とか「ナチュラルフレーバー」とか言った単語をくっつければ飲む人がかなりいそうな感じ。

新芽じゃなくて松葉だけならもっといいものができたのかなと思ってますが、これはこれでOKでした。砂糖はもうちょい薄めでも良かったかも。

500ミリリットルの容器は冷蔵庫行き。これからちびちびと飲んでみます。

そのほか