はじめに

2006年4月30日、兵庫県は神戸のポートアイランドにある神戸国際展示場で開かれたワールドホビーフェスティバル神戸23(以下WHF23神戸)に行き、前日深夜にとりあえず完成したオーニソプターをワールドホビーコンテストに出してきました。

その時に撮影した写真を少し公開しておきます。

コンテスト

会場には13時過ぎに到着しましたが、エントリーナンバーが39でした。結局参加作品は40点になった模様。数にもびっくりしましたが、見学者が模型のすぐ近くまで寄ってるのにも驚きました。2m以内に近寄ったらアラがバレるというのにっ。

翼は畳んだ状態で展示。広げなかったのは、場所をとるのと下に垂れ落ちてしまう事から。

15時30分にコンテスト結果発表があり、16時頃までそのまま展示、その後撤収とのことでした。参加作品の撤収が始まった頃に、翼を広げた状態にしてしばらくそのままにしておきました。その時の写真取りわすれ……。

コンテスト受け付けの書類記入時や、展示作業時、汗がダラダラ流れて悲惨でした。汗かきは大変です。

他の方の作品で、オリジナルのペーパークラフトの宇宙船みたいなのが非常に印象に残りました。全長50cmくらいだったかな。面構成や降着装置みたいな部品とか、とにかく良かったのでした。

さっそく訂正。ペーパークラフトのは映画「マトリクス」で使われてたネプカデネザルとの事でした。ご指摘ありがとうございました>模一さん。マトリクスシリーズ見てないのバレバレですね。1作目のをTV放映のとき少し見たくらいなのでした……。

ディーラーさんの作品

ガレージキットは女性フィギュアが多かったですが、メカ物もありました。その中から個人的に琴線に触れたものを。

ディーラー名「UFOMAN GALLERY」(ユーフォーマンのつくってポン)にあったメカ。「謎の円盤UFO」のインターセプターをよりスマートにした形態に思わず見とれてしまいました。全長10cmくらいだったような。隣には本物(?)のインターセプターも置いてたり。これは商品ではありませんが、もしかしたらもしかするのかな。

ディーラー名「あいこく堂」にあった1/700のウォーターラインもの。流石に小さいです。

なんかかっこいい潜水艇(の、ウォーターラインモデル)。大日本帝国海軍最初の潜水艇で、アメリカ製のホランド型とか。日露戦争の頃のものなんですね。

あと私の嫁、もとい、楠瀬緋菜と背景の女の子のフィギュアがありましたが、掲載許可とるの忘れたので写真は非公開にしておきますね。ディーラー名は「もぐらのやま」で間違い無いと思います。金があったら買ってたと思うのですが、本日購入したのは缶の注ぎ口(ベロ)5個100円だけなのでした……。

会場内で撮影したもの

会場入って右手の壁を撮影。出入り口の標識ランプとか階段みたいなものがあります。なんかトマソンみたい。

会場の外で撮影したもの

ポートアイランド内を走る交通機関ポートライナーの、なんていうんでしょう、軌道がある橋げたというかそういう構造物。点検口みたい。

同じくそういう構造物です。なんかかっこいいのですよ。

後書き

いろいろと話して下さったディーラーの方々、拙い作品「オーニソプター」に意見くださった方、どうもありがとうございました。

今回は偽札騒動が起きて大変だったみたいですね。