最初に

湯口の箇所などは組み立ての説明をしながら記していく事にしますので、組み立てる前にこの説明を一通り最後までお読みくださるようお願いいたします。

説明を読みながら、部品を手にして見てくださると、湯口等処理するべきところがよく分かるのではないかと思います。

組み立ての前に

部品を洗浄したら組み立てに入ります。その前にサフェーサーや、グレーに調合した強力な皮膜の塗料等を吹いて気泡を発見し、埋めるなどの作業をしたほうがいいかもしれません。

このキットの部品は、ウエーブ・レジンキャスト EXノンキシレンタイプ【アイボリー】を使用しています。またシリコーン型からの離型にはウエーブ・離型剤スプレー【フッ素系・ノンフロンタイプ】を使用しています。このため、洗浄剤落としに強力な溶剤を使うのは避けたほうが無難かもしれません。

接着ですが、完成見本の製作には瞬間接着剤と5分硬化のエポキシ系接着剤を併用しています。穴を開けアルミや真鍮線を挿し込んで固定し、強度を上げるという手もあります。

組み立ては一応の流れを示します。狭い箇所や入り組んだ箇所も多いので、塗装のことを考えると、作業途中で一旦塗装した方が良いだろうと思います。

船体後部の製作

まずはノズルから。エンジンとの接着面のどまんなかに湯口がありますので、折ったあとヤスリで平らにしてください。黒マジックで印を付けてみましたが、この全面がエンジンとの接着面になります。

こちらはエンジン。これも湯口がまん中にありますので、折り取った後、でっぱりが無いように処理してください。ノズルが付くので、多少えぐり取っても問題ないと思います。

湯口のまわりに、山形のスジボリがあります(写真では判るようにマジックでなぞっています)。これがあるほうを上にして、後で本体に取りつけます。ノズルを取りつけても判るよう、真鍮パイプにマジックなどで印を付けるといいと思います。

黒マジックで塗っているところが接着面です。両脇は、バーニアエンジンが付くところです。

エンジンとノズルを接着します。ノズルは上下の区別が無いので、取りつけやすいほうで接着してください。

バーニアエンジンです。丸い部分がノズルになります。ノズルの左右につきます。部品が2個入ってますが、左右の区別はありません。

湯口を折って適当に処理してください。これも湯口の跡は接着で隠れるので、多少えぐっても大丈夫だと思います。

バーニアエンジンを2個取りつけたところ。エンジンの方に取りつけの目安になるモールドが有りますので、それにはまるように付けてください。

船体前部のおおまかな製作

中央シャフトと船首を取りつけます。差し込んでみて、ぐるりと回してみると、特徴のあるモールド同士が合うところがあります。そこで固定してください。

前や後ろから見て、中央シャフトにある魚の骨のような部分(アンテナのつもり)や船首のモールドを見比べ、ズレが無いかどうか確認し、船首と中央シャフトを接着してください。

中央シャフトの後ろ(船体と付くほう)をぐるりと回し、上側を示すモールドを確認してください。

中央シャフトと船体を取りつけます。接着箇所を示すモールドを確認したうえで、全体の様子を見ながら固定し接着します。