はじめに

とりあえずですが組立手順等を記したページを作ってみました。キットには組立説明書も付いていますが、これも参考の一つになればと思ってます。

作業の手順はこのとおりにしなくてもいいと思うのですが、とりあえず一通り全部読んでから作業に入ることをお勧めします。

部品確認

袋に入っていない大型の部品2個です。円盤がスタンド、凸の字みたいなのが船体後部です。

袋Aに入っている部品。2本の棒が側体。もう一つの複雑な形のが船首です。側体は、船体後部に刺さる箇所に軽く「R」「L」と彫ってますけど、特に違いはありませんのでどっちをどっちに使っても大丈夫のはずです。

袋Bに入っている部品。居住ブロックが3個。

袋Cに入っている部品。大きい部品が船体下部。その下左からセンサ群、センサ基部と、スタンド穴隠し部品が2個。センサ群とセンサ基部は真鍮棒で繋げ、センサ基部と船体下部とは直接接着します。

袋Dに入っている部品。反物質タンクが2個。

袋Eに入っている部品。長方形のが推進機で2個入り。円弧を描いているのが船体尾部。

袋Fに入っている部品。探査パドルが4個。写真がモノクロですけど気にしないでください。かなり薄い箇所があり、折れやすいので注意してください。袋から出すときは袋を切ったり、ボール紙ごと出すなど工夫したほうがいいかもしれません。

他に1.5mm径の真鍮棒が1本、5mm径の真鍮パイプが1本、組立説明書1冊、塗装参考用の写真を2枚ついています。

真鍮棒は購入したものをそのまま入れてます。パイプは1mのを購入して12cm程度で切断しています。切断箇所は軽くやすりがけをしていますが、注意してください。