湯口確認

このキットは全部個人による手作りで、バリや湯口の処理をあまりしてません。大きめの湯口はそのままにしてます。どこが湯口でどこからが部品か、とりあえず記しておきます。

ブースターの湯口は、メインエンジンとの接着箇所についています。周りから一段低くなったところから湯口が出ています。

ここにはメインエンジン左右から出ている四角の突起が填まります。そのため、湯口の出ている部分を彫刻刀の小さめの丸刀などで少々深めに削り取ると良いと思います。

あと、超光速推進器に少々大きめの湯口がついているものがあります。カッターなどで切りとばしてください。他はスタンドの横に湯口がついている程度だと思います。

パーティションラインのバリが少々出ていると思います。固めの歯ブラシ等でこすってみてください。取れないところや凸凹になったところは、ヤスリやデザインナイフなどで整形します。