はじめに

見慣れているようで、意識して見る事はあまりない月ですが(もちろん天文趣味の方は除く)、それでもいい加減に作れば気がつかれたりします。果たして「月」っぽい感じになるかどうか。

地形の製作

陸地の部分に紙粘土を薄く貼り付けていきます。クレーターもこのときに作成。

丸箸、プラ棒、爪楊枝を使って、大きさの違うクレーターをつけていきます。クレーターは大きくなるほど底が平らな皿のようになるそうです。

月の裏側。一面クレーターだらけ。2095年までは、こちら側を直に見る事ができるのは一部の人間だけだった……、という設定。

こっちを最初に見たのは1959年のソ連の技術者か科学者でしょうか。ルナ3号が初めて月の裏側を撮影したデータを画像として見た人たち。

直に見たのは今のところアポロ8号、10号~17号に搭乗した米国人男性24人のみ。1回で3人乗っているので延べ人数は27人ですが、3人が2回行ってるので24人になります。

大まかにできたところで半球同士を貼り合わせ。

海と陸とを逆に勘違いして紙粘土を貼らないよう、海を先に黒く塗っています。

塗装

球になり、クレーターもつけ終わったところで塗装に入りました。水性のリキテックスを使っています。1/6ドールの改造をしてた10年くらい前に買ったもので、全然使ってませんでした。溶剤にはタミヤアクリルの薄め液を使っています。

塗装には黒と白を使っています。仕上げのときに黄土色などを少し加えています。筆は100均で買った豚毛の平筆を主に使い、細かいところや光条とかの表現には面相筆を使っています。

一部にはモデリングペーストを爪楊枝などでつけ、凸凹感を出しています。

最初の頃はまるでカビが生えているような感じでした。本当に大丈夫なんだろうかと思ってた頃です。

この頃は塩ビパイプを突き刺して固定し、塗装作業をしています。

地球から見上げたときの月の向きにおいたところ。まだ、ウサギが餅つきしているようには見えません。とにかく色を薄く塗り重ね塗り重ねを繰り返してます。

この頃には展示方法をさらに変更しています。当初のミニ三脚や塩ビパイプでの固定は撮影時にはいいのですが、イベントなどで多数の方に見てもらうという場合、反対側が見えません。モールドは全周作っているので、何かもったいない気がします。

ということで、余っている真鍮パイプと鋼鉄球、使い終わったガムテープの芯を使ってスタンドを作り、そのうえに乗せるだけにしようと思いました。さらにそれらをターンテーブルにのせ、回転させれば面白いかもと思いまして。

値段や回転速度、大きさ、積載重量などの点で良さそうなターンテーブルを探したところ、GSIクレオスのMr.ターンテーブルLが条件に一致。ビックカメラの通販で購入しました。

スタンド用の穴も不要と言うことで、切り取った部分をはめ直し、紙粘土を盛って塗装。あとはガムテープに載せて作業をしています。スタンド代わりにするには丁度いい大きさでした。

塗装がそろそろいいかなあというところで、パイオニア・スターシップ・シリーズの世界に合わせるべく、月面崩壊の様子を付け加えました。東端にあるスミス海の南、キースクレーターを中心に、コンパスカッターで同心円を切り、塗装しています。

やり過ぎるとスケール感が無くなるので注意しました。約1700万分の1なので、大げさな表現は控えないといけませんが、控えめすぎるのもなんだし。この辺のバランスが難しいです。

反対側。崩壊現象が収束するところです。中央にあるのは西の端にある「東の海(オリエンタル・ベイスン)」。そのやや上に同心円状の亀裂が入っています。

表面は全体に衝撃を受け、ズタズタになっているという設定ですが、この縮尺ではその辺は見る事ができないだろうと思い、そのあたりの細かい造形は特にしていません。

同心円状の亀裂の中心部、スミス海のところ。カッターナイフをグサグサと突き刺して崩壊っぽい感じを出そうとしています。黙々と延々とカッターの刃を突き立てていました。

塗装を切り上げた最後の最後に、つや消しのクリアをエアブラシで全面に吹きました。これのみラッカー系の塗料、GSIクレオスのスーパークリアーとつや消しを使っています。

完成

とりあえず完成。fgに投稿したのと同じ写真が元ですが、若干大きさを変えています。

2011年10月10日のトレフェス神戸3に間に合わせるよう作りましたが、この後も手を加えるかもしれません。面倒くさいわって事でこのままになるかもしれませんが。

2011年10月10日、トレフェス神戸3で展示したときのもの。

カトちゃんのアンタもスキねェ!トレジャーフェスタ in 神戸3レポでで公開されていた写真の1枚を、ディーラー様限定「ウチのHPの写真、ご自由にご利用下さい宣言」に基づいて使わさせていただきました。ありがとうございます>管理人様

こうやってみると、そこそこうまくいったかなと思う半面、手直ししないとと思う箇所が見えてきます。海はもっとヤスリをかけてなだらかにした方がいいなあとか。